Sam Concepcion (サム・コンセプション) / Bago

  • 販売価格 1,543円(本体1,429円、税114円)
    型番 un160301
    在庫状況 在庫あり(in stock)

    リリース:2016年3月
    レーベル:Uiversal records
    フォーマット:CD
    歌詞カード:あり

    収録曲:
    01. Isang Daan
    02. Kalsada
    03. Di Mo Pa Alam
    04. Bago
    05. Trying
    06. Easy To Love
    07. easy To Love -rapid remix
    08. Teka Break - feat. Coach Jungee

    minus ones:
    09. Isang Daan
    10. Kalsada
    11. Di Mo Pa Alam
    12. Bago
    13. Trying
    14. Easy To Love
    15. easy To Love -rapid remix
    16. Teka Break - feat. Coach Jungee

    オフィシャルアルバムプレビュー:




    ■For the Foreign Customer:
    If you live in foreign country, or if you would like to ship the item to foreign country (outside Japan), please visit our fellow subsidiary online-shop 'Regalo7107.com'.








    一口メモ…
    ドラマ・映画への出演でアイドル的人気もあるシンガーSam Concepcionの最新アルバムです。
    GMA系のティーンドラマなどに出演してアルバムも若さはじけるポップなアルバムをリリースしていましたが、前作から俄然「大人のダンスサウンド」にシフト。今回の最新アルバムではさらにアーバンR&B系の雰囲気も取り入れセクシーなボーカルを聴かせてくれています。
    何といってもタイトル曲のBago(トラック04)。Jungee Marcelo作曲のミディアムナンバーですが、めちゃくちゃ良く出来てます。90年代、ブラックコンテンポラリーやニュージャックスイングと呼ばれたアメリカの黒人シンガーたちのサウンドに直結するものでボビー・ブラウンやラルフ・トレスヴァントらNew Edition出身のシンガーがソロで見せた「つきぬけたカッコよさ」を感じさせます。
    続くトラック05、06はNeo ColoursのIto Rapadas氏が製作に関わったミディアムスローナンバー。ブラックコンテンポラリーとAOR的雰囲気を持ったIto Rapadas氏のサウンドメイキングも十分に堪能できます。
    今、フィリピンでこの系統のシンガーといえばKris LawrenceやJay R、若手ではJames Reidらが挙げられますが、もっと「黒っぽい」というかストレートな「ブラコンサウンド」。
    黒人音楽に影響を受けたワム!のジョージ・マイケルがやろうとしていたことに通じるものがあります。
    流行のEDMっぽいサウンドはトラック01、02に収録されていて時代へのキャッチアップも十分。
    昨年シングルチャートを賑わせていたトラック08もダンスナンバーですが、これはEDMではなくファンキーなチューン。ギターカッティングが超気持ちいいです。

paypal

商品カテゴリーから探す

ジャンル別のグループから探す

コンテンツ

モバイルショップ