Jona

  • 販売価格 1,543円(本体1,429円、税114円)
    型番 star170301
    在庫状況 残り1点(Only 1 left in stock)

     
    ポスター付き
    付録
    リリース:2017年3月
    レーベル:Star music
    フォーマット: CD
    ディスク枚数:1
    歌詞カード:あり

    収録曲リスト:
    01. Ano? Bakit? Paano?
    02. You
    03. I'll Never Love This Way Again
    04. Ano Nga Ba Tayo?
    05. Pusong Ligaw
    06. Last Messagge
    07. Matibay - feat. Regine Velasquez-Alcasid
    08. Maghihintay Ako
    09. 'Til The End Of Time

    ボーナストラック:
    10. Ano? Bakit? Paano? (Cinematic version)
    11. 'Til The End Of Time - feat. BoybandPH
    12. I'll Never Love This Way Again - feat. Gary Valenciano



    一口メモ・・・
    フィリピン最大のテレビネットワークABS-CBNで放映されている音楽エンターテインメント番組「ASAP」で女性ボーカルユニットBirit Queensの一員として活躍しているJona (ジョナ・Jonalyn Viray)がリリースした最新アルバムです。
    2005年にGMAレコードからソロデビューしたJonaは2009年にボーカルユニット「La Diva (ラ・ディーヴァ)」の一員として1枚、その後2013年にソロセカンドアルバムを1枚リリース、今作がソロ3枚目、トータル4枚目のアルバムとなります。
    近年デビューした女性シンガーの中では突出した歌唱力を誇るJona、フィリピンミュージックシーンを代表する存在となっていますが今回のアルバムでも全曲に渡って貫禄を感じさせる安定感抜群のボーカルを披露しています。

    トラック01のスケールの大きなバラードは若手ソングライターRox Santosの作詞作曲、ささやくような低音でのハスキーボイスから力強い高音部までJonaの魅力を全て詰め込んだような大作。
    続くトラック02はフィリピンポップスファンの間では大定番となっているBasil Valdezの代表曲。AORの傑作とも言えるこの曲をエモーショナルに歌い上げていて特に後半は鳥肌もの。女性ボーカルバージョンとしては白眉の出来。
    続くトラック03は昨年の大ヒット映画でKathryn BernardoとDaniel Padillaが主演したロマンス「Barcelona」のテーマソングでディオンヌ・ワーウイックの1979年の大ヒット曲ですがまるでJonaの為に書かれたように彼女の声にぴったりフィットしています。
    トラック05を作詞作曲しているのは人気俳優Jericho Rosales、なかなか良くまとまったミディアムスローナンバーで曲つくりの才能もあったのか・・・と新たな発見です。
    トラック06はMarion Aunorの書き卸し。ポップで明るい楽曲を作ることが多い印象のあるMarionですがこのアルバムにはドラマティックな展開のバラードを提供しています。
    トラック07はフィリピンを代表する女性シンガーで現在もほとんどの若手メジャーシンガーが自身の目指すアイドルとして挙げているRegine Velasquez-Alcsidとのデュエット。歌詞カードにはどの部分をどちらが歌っているか詳細に記載されていますが聴いているだけだと殆ど違いがわからないほど。強いて言えばエモーショナルなJonaと抑制の効いたRegineがうまくバトンを渡し合っているというイメージです。
    トラック09は今やフィリピンポップスの屋台骨を支えていると言っても過言ではない人気作曲家・プロデューサーのJonathan Manaloの作品、導入部から後半でも盛り上がりまでしっかり計算されたミディアムナンバーでこのアルバムでも一番光っているシングルです。

    ボーナストラックとして収録されている3曲はいずれもメイントラックに収録されている曲のバージョン違いとなっていますが、トラック01のアレンジ違いのトラック10はバックトラックにオーケストラを用いていて「cinematic(映画音楽的な)」バージョンとクレジットに書かれています。
    続くトラック11はトラック09の別バージョンで今人気絶頂の男性ボーカルユニット「BoybandPH」がバックアップボーカルに。彼らがソロを取る部分もあり、また後半では主旋律をBoybandPHが歌う中Jonaが縦横無尽のアドリブを入れるというアメリカの混声R&Bボーカルグループの作品のような作りになっています。
    ラストは映画Barcelonaのテーマソングのデュエットバージョン。実際の映画ではGary Valencianoのソロバージョンが使われているのでJonaのソロバージョンとGary Valencianoとのデュエットバージョンはこのアルバムのために録り卸されたスペシャルバージョンです。

付録
 
ポスター付き
paypal

商品カテゴリーから探す

ジャンル別のグループから探す

コンテンツ

モバイルショップ