Up Dharma Down / Capacities

  • 販売価格 1,697円(本体1,571円、税126円)
    型番 terno13001
    在庫状況 在庫切れ(out of stock)(再入荷の可否・予定などの確認はお問い合わせフォームをご利用ください)

    リリース:2012年9月
    レーベル:Terno recordings
    フォーマット:CD
    歌詞カード:なし
    収録曲:
    01. Turn It Well
    02. Luna
    03. Parks
    04. Indak
    05. Feelings (feat. Paul Buchanan)
    06. Thinker
    07. Kulang
    08. Tadhana
    09. Night Drops



    一口メモ…
    インディペンデントレーベルTerno recordingsからリリースされた
    Up Dharma Downのサードアルバムです。
    Terno recordingsの作品はVicor music(Viva records)が配給していますが
    今回は大手レーベルの配給を受けずTerno recordingsが自ら販売。
    ファースト、セカンド共にちょっとアンニュイな雰囲気のサウンドで
    少ない音数で独自の世界を構築していた彼ら。
    今回のアルバムもハイセンスな1枚。
    彼らはアメリカ、カナダ、イギリスで高く評価されていますが、インディーズバンドのため、
    殆ど知られていないのが残念なところ。
    今回のアルバムは、
    プログレッシブロック的な音色を使用する部分もありますが、決して難解なものではなく、
    スティーリー・ダンやそのリーダー、ドナルド・フェイゲンなどに通じるおしゃれな
    「クロスオーバー」サウンドとして捉えた方が的確な、知的でセンスあふれるアルバムです。
    イギリスのバンドBlue Nileのボール・ブキャナンをフィーチャーしたトラック05、
    流れるような滑らかなサウンドがスティーリー・ダンの傑作エイジャを思わせるトラック06、
    また、タガログ語のやわらかいニュアンスを活かしたトラック08など佳曲ぞろい。
    フィリピンポップで言うとSino Si Kat? bandやAjka bandなどがお好みの方には
    ぜひ一度聴いていただきたい1枚です。
paypal

商品カテゴリーから探す

ジャンル別のグループから探す

コンテンツ

モバイルショップ