Paolo Onesa / Pop Goes Standards

  • 販売価格 1,543円(本体1,429円、税114円)
    型番 mca140310
    在庫状況 在庫あり(in stock)

    リリース:2014年3月
    レーベル:MCA music
    フォーマット:CD
    ディスク枚数: 1
    歌詞カード:あり

    収録曲:
    01. LUCKY IN LOVE
    02. YOU ARE SO BEAUTIFUL
    03. MAKE YOU FEEL MY LOVE
    04. JUST MY IMAGINATION (RUNNING AWAY WITH ME)
    05. MARRY ME
    06. YOU'RE BEAUTIFUL
    07. WHEN I WAS YOUR MAN
    08. WHICH WAY, ROBERT FROST?
    09. SKYFALL
    10. ELESI

    オフィシャルアルバムプレビュー:





    一口メモ・・・
    2013年に行われたオーディション番組「The Voice of the Philippines」に出場、ファイナル16まで勝ち進んだ
    Paolo Onesaのソロデビューアルバムです。
    ファイナル4へは惜しくも駒を進めることが出来なかったPaoloですが、MCA musicが彼の素質を高く評価、アルバムリリースとなりました。
    アルバムタイトルは「Goes Standards」となっていますが、ヒット曲を「スタンダードナンバー風」にアレンジしているのではなく「リスナーのスタンダードとなるように・・・」という意味でつけられているのでは・・・と思われる内容で、
    トラック01や07、10などジャジーなアレンジにしたものはは確かにスタンダードナンバー的な風合いもありますがボーカルは80年代のソウル〜ブラックコンテンポラリー バラードシンガーのそれ。
    ソウルシンガーがジャジーなアレンジで歌いました・・・的なトラックです。
    トラック04ではThe Temptationsの名曲を同じThe Voiceで注目されたKlarisse De Guzman(彼女もソロアルバムがリリースされるでしょう)とデュエット。
    グループ物の歌なので、ボーカルグループやボーカル&バックコーラスというスタイルでのカバーはありますが、
    デュエット仕立てのこのトラックは新鮮。知らずに聴いているとアフリカンアメリカンのシンガーが歌っているような錯覚に陥る1曲。ブラスセクションも70年代のソウルミュージック風でいい感じです。

    それにしても今回のPaolo Onesaにしろ、前回入荷した同じThe Voice出身のMyk Perezにしろ、ソウル〜R&Bの
    影響を多分に受けたスタイルのシンガーのアルバムタイトルがそれと感じさせないものとなっていますが、
    これはレーベルの意向なのか(Myk Perezのアルバムタイトルは「My Acoustic」となっていますが、アコースティック楽器を使っているだけでアコースティックポップではなく、全くの、それもめちゃめちゃかっこいいR&Bアルバムです)、ちょっとミスマッチのような気がしないでもありません。

    ソウルボーカル、AOR系の音楽がお好みの方には特にお奨めの好盤です。

    彼は顔立ちから欧米の血が入っているのかもしれませんが、出身はフィリピン南部ミンダナオ島のZamboanga。
    ビサヤ〜ミンダナオ地方は才能あふれるミュージシャンを多く輩出していますが彼もその一人です。


ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

商品カテゴリーから探す

ジャンル別のグループから探す

コンテンツ

モバイルショップ