The CompanY / Lighthearted OPM 2

  • 販売価格 1,543円(本体1,429円、税114円)
    型番 viva141003
    在庫状況 在庫あり(in stock)

    リリース:2014年10月
    レーベル:Viva records
    フォーマット:CD
    歌詞カード:あり
    収録曲:
    01. Beginning Today
    02. Akala Mo
    03. May I Have This Dance - feat. Myke Salomon
    04. Sa Isip Ko
    05. Forevermore
    06. Manila
    07. Each Day With You
    08. Sa Isang Tingin
    09. Let The Pain Remain
    10. Ikaw

    bonus tracks: (minus ones)
    11. Akala Mo
    12. Sa Isip Ko
    13. Each Day With You
    14. Manila
    15. Let The Pain Remain



    一口メモ・・・
    フィリピンを代表する混声ヴォーカルグループThe CompanYの最新アルバムです。
    フィリピンには以前からバンド、ソロと並んで男女混声のボーカルグループも多く活躍していて、
    New Minstrels, The Circus bandなど後にトップシンガーとなるアーティストを多数輩出したグループが有名ですが
    そのどれもがメンバーチェンジを頻繁に行う中で自然消滅のような形になっているのに対し、
    このThe CompanYはデビューから殆どメンバーチェンジを行わず(ごく短い期間、男性シンガーReuben Laurenteが
    メンバーとして参加していました)パーマネントなボーカルグループとして活動してきました。
    デビューは1985年、このアルバムが24枚目となります。
    ジャジーな作品からボサノバ、ポップ・ロック色の強い作品まで幅広いレパートリーのThe CompanYはしばしば
    マンハッタントランスファーと比較されます。
    最近のアルバムを見ると、2010年に「Lighthearted」をリリース、このアルバムは海外のポップヒットを
    リメイクしたアルバムで翌年パート2がリリースされています。
    そして2012年にフィリピン国内のOPMヒットをピックアップした「Lighthearted OPM」をリリース、
    今回のアルバムはそのパート2になります。
    ジャジーなアレンジに仕上げたAgot Isidroのヒット曲(トラック01. Beginning Today)から
    才能溢れる若手アーティスト(DJ)Myke Salomonによるヒューマンビートボックスを大胆にフィーチャーした
    VST & Companyのヒット曲May I Have This Dance(トラック03)、アコースティックギターのオブリガートを
    バックにメンバーのうちの3人の女性ボーカルの美しいコーラスワークを余すところなく堪能できる
    Side Aの大ヒットForevermore(トラック05)などバラエティに富んだ構成。
    現在もフィリピンポップス界ではフレッシュな若手ボーカルグループも活躍していますが、
    人材の宝庫というか層の厚さというか、フィリピンポップス界には上には上がいる・・・と改めて感じさせられる
    1枚です。
ペイパル|Mastercard,VISA,American Express,JCB

商品カテゴリーから探す

ジャンル別のグループから探す

コンテンツ

モバイルショップ